Superlative educate

【解答速報が利用可能】税理士の資格試験のために通信講座を受けよう

通信講座のサポートが充実

多くの社会人が受講中

電卓とお金

税理士を目指すなら国家資格試験に向けた専門的な学習が欠かせません。
国家試験では11の税法科目から5科目を選択して受験することになりますが、各科目の内容は多岐にわたるため個人学習で臨むのは大変です。
税理士試験合格を本気で目指す場合は、専門機関で講師から指導を受けるのが確実な道です。
ただ、税理士を目指す方は社会人も多く、お仕事の都合上スクールに通うのが難しい場合がほとんどです。
しかし、そういった方でも通信講座を利用すればお仕事の合間に効率的に学習することができます。
実際に30代40代の方も通信講座を受講しており、国家試験突破に向けて確かな力を付けています。
通信講座では提供されるテキストに沿った学習が基本となりますが、今はインターネット授業や電話サポートを利用しながらの講座学習が主流となっています。
講師が行う授業をネットを介して視聴できるサービスや、電話やメールでわからないところを細かく質問できるサポートサービスを受けることができます。
また、講座のホームページ上には年度ごとに税理士試験の解答速報も掲載されます。
解答速報では、各講座それぞれに詳しい解説も加えられるので、これから受験する方も大いに参考にできます。
中には、解答速報とともに動画による解説を配信しているところもあるため、実践的な試験対策を行えるでしょう。
税理士を目指すなら、ネット授業や電話サポートが受けられる通信講座を利用し、解答速報も参考にしながら学習していきましょう。

仕事と勉強を両立

勉強する女性

税務代理と税務書類作成・税務相談という3つの独占業務を持つ国家資格の税理士は、企業の財務書類や帳簿の記帳の代行も行っています。
税務と会計のプロとして就職にも有利な税理士の国家資格を得るには、11科目からなる試験のうち合計5科目に合格することが必要です。
簿記論と財務諸表論は必修科目となっており、この他に選択必修1科目と選択2科目を合わせた5科目に合格することで初めて税理士の資格を取得できます。
2年程度で5科目に合格できる人は極めて稀で、合格するまでに平均5年はかかると言われるほど難関の国家試験なのです。
多くの受験者は一般企業や会計事務所などで仕事を続けながら税理士試験への合格を目指しており、仕事と勉強を両立させることが求められます。
そのためには計画的かつ効率的な勉強法が必要となりますが、その受験対策には過去の試験問題を徹底分析することが欠かせません。
税理士試験が行われた直後には資格講座や通信教育を行っている多くの業者が独自の解答速報を公開しますので、そういった情報をうまく利用することが合格につながります。
解答速報と同時に講師による解説や講評を動画の形で公開しているサイトも多く、合格ラインや得点分布表などを自己採点に役立てることも可能です。
難関の税理士試験に合格するにはそうした独学による受験対策だけでは十分でありませんが、解答速報を公開しているサイトを通じて講座に申し込めば受験勉強を強化することができます。
税理士試験の受験講座は通信教育などの形で効率的な受験勉強をサポートしており、仕事を続けながら1日数時間の勉強で合格できるようカリキュラムが組まれているのです。
インターネットが普及した現在では、こうした解答速報などの有益な情報が全国どこからでも手軽に利用できるようになりました。
税理士試験の受験対策も多くの専門家によって徹底研究されており、受験勉強の効率化に役立っているのです。

科目ごとに集中する

電卓を持つ人

税理士は難関の国家資格であり、受験のルールと合格のルールに少し特徴があります。
税理士になるには、合計5つの科目について満点の60パーセントをとる必要があります。
5つの科目のうち、2科目は会計学に属する科目であり、簿記論と財務諸表論が該当します。
つまりこの2科目は必須科目です。
残りの3科目は税法に関する科目であり、9科目から3科目を選ぶ形になります。
そのうち、所得税法または法人税法のどちらかは必ず合格しなければならないため、実質的には残り7科目から2科目を選ぶという形になります。
合格基準は60パーセントとありますが、実質的には全体の11〜13パーセントが合格するようになっており、他の受験者と競争があるのが実際のところです。
一科目ごとの受験も認められており、合格した科目は一生有効です。
そのため合格にかかる期間は平均9年とかなり長めになっています。
税理士の解答速報は予備校から出されており、予備校ごとに解答速報は微妙に内容が異なります。
税理士試験は非常に難関であるため、多くの受験生は予備校に通っています。
そのため、通っている予備校の解答速報を見るのが通常です。
解答速報をもとに予備校が仮採点を行ってくれることもあります。
受験時の注意点としては、一科目ごと受験した方がよいことと、将来を見据えて科目を選ぶということです。
多科目受験は共倒れになるおそれがあり、合格のしやすさだけで科目を選ぶと将来的に苦労することになります。
どの分野で活躍したいかを考えて受験科目は選ばねばなりません。