ペットの葬儀を行う

数珠とお経

ペットも大切な家族ということで、最近ではペット葬にも対応している葬儀場が四條畷でも増えてきています。四条畷市の行政へ依頼すると、火葬のお立ち会いや収骨ができないため、遺骨を供養するためにはペット葬を利用するようにしましょう。四條畷で一般的なペット葬としては、人と同様に火葬となります。流れとしてはまず、遺体を連れてご来園頂くか、お迎えを依頼するかになります。依頼をする際の注意事項としては、まず遺体の死後硬直に注意する必要があります。死後硬直は気温などにもよりますが、犬や猫などの小さな動物は2時間前後から死後硬直が始まります。末端である手足からお腹、頭部といった順番で硬直していくため、放置してしまうと棺やケースに納める時に手足が入らなくなってしまうことなどがあります。そのため、死後硬直が始まる前に手足を胸の方などにそっと寄せて上げて、まぶたも閉じてあげるようにしましょう。時間が経過してくると、人と同じように緩んだ口や肛門から体液や汚物が出てきてしまう事があります。そうした場合はガーゼなどで拭き取ってあげましょう。体液の処理が終わったら、脱脂綿などを詰めておくといいでしょう。合わせてガーゼなどをお湯で湿らせ、身体を拭いて毛並みを整えてあげましょう。水分が乾燥してくるため、時々目に水をかけたり、口に詰めた脱脂綿に水を浸してあげたりしましょう。その後に段ボールなどのケースを用意し、体液が染み出さないようにペットシーツやビニールを底に引いておくことが大切です。あわせてバスタオルなどで身体を包んであげましょう。火葬の予約を入れてから日付が空くようであれば、腐敗を防ぐためにドライアイスなどを段ボールに敷き詰めておくようにしましょう。当日はご来園やお迎えで本堂にて葬儀を行い、火葬をするといった流れになります。四條畷のペット葬に対応している葬儀場では、火葬後はご返骨か個別墓地や納骨堂での供養かを選択することができます。